マニアックな野球談議(高校野球・投手◆

 プロには行かなかったが、忘れられない名投手がいる。

どうしても地元なので、福岡県代表校になるが、筆頭は西日本短大付属の森尾。夏の甲子園優勝投手だ。その前になると、予選の防御率が0点台と驚異的だった名投手・前田幸長(その後ロッテ→中日→巨人)と九州のバースと呼ばれた山之内健一がいた福岡第一が有名だが、それでも準優勝だった。福岡県は激戦の県で、下馬評はいつも高いのだが、いつも1回戦や2回戦で強豪校と当たってしまい、僅差での敗戦というイメージが強かった。そういう意味では前田や森尾は福岡を全国に知らしめた。特に森尾は甲子園でも完封無失点を連発し、抜群の制球力で決勝まで危なげなく投げ切った。その後社会人へ進んだところまでは知っているが、プロへ行かなかったところをみると故障か何かしたのだろう。

これ以前にも福岡県には名門校があった。久留米商業だ。公立(市立)では県内で群を抜いて強かった。甲子園でも、俺が生まれていないぐらいのかなり昔に準優勝があったと思う。

俺が知っている久留米商業と言えば、まず最初に思い出すのは山田武史投手だ。最初にテレビで見たのは春の選抜の宇部商業戦。ちょっとブッたまげた。相手の投手の秋村も大会屈指の好投手と言われていて、予想通り投手戦になった。ちなみに秋村はその後、広島に入ったと思う。興味がある方、もしもyou tubeで見ることができるならば、この試合の山田投手を見て欲しい。秋村も相当すごい球を投げていたが、山田がすごすぎた。こんなに球が伸び、ホップする球を投げる高校生を見たことは後にも先にもない。久留米商業は夏にも出場したが、この時、山田は盲腸やら足の付け根の故障でまったく本調子ではなかった。それでも夏の甲子園ではベスト4に進んでいる。ちなみに、山田の同学年には池田の水野がいた時代。桑田や清原が1年生で優勝した年である。他にも佐世保工業の香田勲(巨人→近鉄)、興南の仲田幸司(阪神)、前橋工業の渡辺久信(西武)などいいピッチャーがたくさんいた。しかし、山田の球(春の選抜時)は他の誰のものよりもすごかった。

池田の水野が雑誌のインタビューで、「準々決勝ぐらいの時、桑田や清原がいたPLなんてノーマークだった。それより、久留米商業が来るのが嫌だった。練習試合でピッチャーがすごくいい球を放っていたから。」と語っている。あの水野でさえ、対戦したくない相手だったのだ。また、元ヤクルト古田も同級生であり、高校時代の山田の球は他の誰よりも1番伸びがあったと昭和40年会で話していたという。山田は社会人を経て巨人、ダイエーと渡り歩いたが、もうこの時は全然いい球は投げられず、結局1勝もしないまま引退している。

その代の2つ下の久留米商業の秋吉も、全くタイプの違うすごい投手だった。山田とは対照的に、球をリリースした後に飛び跳ねるようなアンダースローのフォームで、右打者のインコースに鋭く食い込むシュートで得点を許さず、甲子園でもほとんど失点していない。秋吉が高3の夏の甲子園では、高3になった桑田・清原のPLが圧倒的な優勝候補だった。俺はこの秋吉と清原の対決、また秋吉と桑田の投げ合いを見たかった。たぶん、秋吉のシュートをさすがの清原も簡単には打てないのではないかと野球小僧中学生だった俺は期待していた。しかし、PLとの対決を目前とにした準々決勝で無名の甲西(滋賀)に、キャッチャーの悪送球による何とも不運なサヨナラ負けをしてしまい、俺が夢見た対決は幻となった。秋吉の投球も機会があればぜひ見てもらいたい。

秋吉はプロには進んでいない。この投手は、中学時代は無名で、高校で花開いた。しかもすごい偶然だが、秋吉は俺が中学時代に通っていたスパルタ塾に中2まで在籍していたというのだ。俺はたまたま早めに塾に着いたある日、塾の先生が秋吉に打った電報の原稿とおぼしき走り書きを見つけた。その紙切れにはこう書いてあった。「キミノ ユウシ テレビデ ミタ ウレシカッタ」。

たぶん、今日紹介した投手は、よほどの甲子園マニアでない限り知らないか、覚えていないと思う。しかし、俺の中では間違いなく甲子園の歴史に残る名投手たちである。
ロカビリー * マニアックブルース * 22:32 * comments(5) * -

マニアックな野球談議(高校野球・投手 

 高校野球は小学校1年生から大学生ぐらいまで、プロ野球も小学1年生から25歳ぐらいまでは相当見ていた。実際に球場で観戦した経験はあまりないが、テレビ中継を見て、プロ野球ニュースを見て、新聞を読んで、さらに関連雑誌もよく買って読んだ。全盛期は、12球団の一軍選手(レギュラークラス)の顔と名前だけでなく、出身校や年棒まで暗記していた。高校野球も、印象深かった選手はその後の進路が気になってチェックしたし、心に残る試合は今でも覚えている。


まず、高校野球のレベルは全体的にはまちがいなく昔よりも上がっている。俺が小さいころ見ていた時は、投手で140kmを超えるのは甲子園でも1人か2人。テレビで前評判の高い投手のマウンドからキャッチャーまでの球筋を見て「すげー」と思ったものだ。

期待を膨らませて見たのは大府高校の槙原(元巨人)。前評判で「150kmを投げる」と知っていたので、そんな化け物が出る試合は絶対に見なければと思っていた。しかし、何かの用事でその試合を見ることはできず、夜に急いでテレビ前を陣取りニュースで見た。相手は金村がいる報徳学園で、槙原は結構打ち込まれていた。たしか金村にホームランを打たれたシーンが流れていたのを覚えている。ニュースで見た槙原の球筋も確かに速いが、これまで見たすごい投手と比べて「全然違う」という驚きはなかった。

俺は残念ながら江川の高校時代を知らないが、今まで甲子園で印象深かった投手は多い。横浜商の宮城(190センチ超の長身から投げ下ろす直球)、横浜商の三浦(頭の上から膝元に落ちるカーブ)、早実の荒木大輔(高1であの落ち着きはすごいと思った)・・・と結構出てくるのだが、野球をやっていた俺が実際に「フォーム」を真似した投手は数人しかいない。まず、俺が小学校で少年野球をやっていたときは福大大濠の森山(元西武)。足を上げた後に少しだけ顔が傾くフォームを真似した。次に、横浜高の愛甲。足を上げた時に後方に重心のかかるフォームが格好良く見えてやっていた。中学校の野球では池田高の水野(元巨人)。それまでのピッチャーの常識を覆すような、まるで外野からバックホームするような力強い投げ方。水野が投げる球はまるで砲丸のように重そうに映った。それを真似していた災いか、野球部で俺の球は一番速かったと思ったのに、ポジションはショートになった(笑)。

あとは、何と言っても小学・中学時代の俺が見とれるほどフォームが美しかった投手が2人いる。

1人は名古屋電機の工藤。もう1人はPL学園の桑田だ。俺が初めて工藤を見たのは甲子園でノーヒットノーランをやった試合だった。最初に投げ方を見た時、右と左で違うけれども当時すでに巨人で活躍していた江川の投げ方に似ていると思った。力のあるストレートと、ピンポン玉のように大きく落ちるカーブがコーナーいっぱいに面白いように決まっていた。

桑田は背番号11だった1年生のころから見ていたが、これもまたストレートとカーブだけでアウトコース一いっぱい、インコースいっぱいの球ばかりだった。その当時、桑田に関して解説者や本人も「打たせて取るタイプ」なんて言っていたが、とんでもない。俺はテレビで見ていて、桑田の球はメチャメチャ速く見えた。もしかしたら、球速は140km台前半かもしれないが、実際野球をやっていた人間から言わせてもらうと、実際の体感速度と球速表示は必ずしも一致しない。桑田はテレビで見ても球筋も綺麗で、非常に回転の良いボールを投げているのが想像できる。近年の甲子園の大投手と言えば松坂だと思うが、確かに凄い球を投げていたけれども、俺はフォームも球筋も美しいとは思わなかった。

今、高校野球やプロ野球に、工藤や桑田のような美しいフォームから綺麗な球筋を描けるピッチャーはいるのだろうか?(個人的には、元中日の今中やソフトバンクの摂津の投げ方と球筋は好きだ)。
ロカビリー * マニアックブルース * 15:04 * comments(0) * -
このページの先頭へ