<< 5年目の春 | main | 塾ブログに感謝をこめて >>

2010年からの3年(2)

 前回の記事を1月4日に書いて以来、随分時間が経ってしまった。


4年前の開業は、まさに無から有を生み出すものであり、そこから今まではそれを軌道に乗せ、より確かな形として整えるものだった。今年からの3年間は、それを継続しながらも、もう一歩前に出て「新しいこと」に取り組みたいと思っている。つまり、また無から有を生み出すために膨大なエネルギーを注ぐということだ。隘路もあるし、準備の面でも困難はあるが、だからこそ挑戦だ。

この俺のブログ、「ヤンチャ塾長のBLUES」も書き始めてからもう3年余りが経つ。最初の記事は2007年3月9日らしい。俺ははじめ、楽天で「信じるままに」というブログを書いていた。数ヶ月でこちらに移転してきたのだが、そのときに楽天のブログは消してしまった。今考えれば「信じるままに」はまさに「開業直後」からの記録を生々しく綴ったものだったので、残しておけばよかった。

塾名や実名こそ出さなかったが、それだからこそ俺の塾のことや考え方を率直に書いて来た。もちろん、時々ふざけた記事も書いたが、当たり障りのない経営や教務のことだけはなく、ブログではなかなか書きにくい金のこと、生徒確保のこと、実際の成績、合否、そして生徒指導の内容もほぼそのまま書いた。しかし、書きにくいことを書くと時には鼻持ちならない自慢話に、また時には露悪的に映ってしまうこともあったと思う。それでもそのまま書こうと思ったのは、俺なりの「ブログへの感謝」である。何度か書いたが、開業前、そして開業してからのたった1人での闘いをして行く中で、同じように頑張っている先輩塾長の人たち、同じ年に開業した塾長のブログはキリキリとした寒さの中での温かいスープのようだった。また、その文章から溢れ出す気概、技術論、教育論、経営論はウォッカのように内臓に効いた。コメントでお礼を言うぐらいでは、この感謝をお返しすることはできないと思った。俺もブログを書いて、どこかの誰かに少しは役に立ちたいと思った。

最初はあまり読み手を気にすることはなかったが、コメントをもらったり、返したりするうちに、ただ書くだけではなく、できるだけ「読んで面白い」ものにしたいと思った。もちろん構成をじっくり練ったりはしなかったし、誤字チェックも決して完璧ではない。それでもせっかく自分の塾や自分のことを書くのならば、嘘があってはいけない、かと言って、つまらないものになってもいけないと思って書いて来た。コメント、メール、そして実際にお会いできただけでなく、俺の塾に来ていただいた先生たち。驚きだ。実は以前、コメントで何回か「あなたの書いている内容は本当なのか?実はロカビリーという塾長も、あなたの塾も実在しないのではないか?」というのをもらったことがあった。俺が書いている内容が、凡百のものと映るか、嘘八百と映るか、ドラマティックに映るか、アクロバティックに映るか、それは知る由もない。だが、実際に塾に来ていただいた先生たち、俺の塾の生徒たちを見てくれた先生たちが確かにいる。そして、このブログを読んでくれている俺の友人・知人がいる。卒塾生、保護者もいる。それで十分。それ以上何の説明も必要ない。

そのブログ「ヤンチャ塾長のBLUES」。これは俺自身の記録の「第1幕」としてそろそろ終わりにしようと思っている。個人のブログなんて勝手に始めて勝手にたためばいいのだが、これで俺の様子を毎日気にかけてくれている友人がいる。そして、もしも毎日のように読んでくださった方がいらっしゃるのなら、勝手にたたむというのもなあ、と思った。


7月4日。この日は俺の誕生日だ。93日後の7月4日をもって、このブログを終了する。しばらくは「読む専門」に戻って、仕事をしっかり進めながら、いつかまた新たなステージの上に立った時に「第2幕」としてのブログを書ければと思う。やはり、開業の時ような「挑戦」の色が出たブログをまた書いて行きたい。いつになるかは俺にもまだわからない。もしかしたら、7月5日からスタートに(笑)。いやいや嘘です。


それで、今日から7月4日まで。俺は「塾ブログに関する『あること』について」の記事を書きためて行こうと思っている。1人でも多くの方に「どうしても知ってもらいたいこと」がある。毎日のブログと並行して、その超長編ブログも書いて行こうと思っている。その長編ブログは、俺の最後のブログが終わった後から少しずつ「置き手紙」として公開して行きたい。できるだけ10話以内に収めたいけれども、どうなるか詳細は未定だ。いずれにしても、そうなるときは俺の拙い文章力をすべて出し切ったものにするつもりだ。事実を基にして、小説風に書こうかな。というより、小説ってどうやって書けばいいんだ?小説をまともに読んだことがないからわからない(笑)。

できるだけ多くの人に読んで欲しいと思っている。だから、俺はこれからアクセス数を延ばしに行く。今は1日1200〜1500ぐらい。これを3000ぐらいにはしたいので、内容もさることながら、記事の本数もこれまでのように1日1本ではなく、何本か書かなければならないだろう。

そこでみなさんにお願い。このブログをたくさんの人に紹介して欲しいのです。職場内外、老若男女、それはもう範囲は広いほうがいいです。

まず、このブログの存在を知っている俺の友人たちは強制的に広げてもらう。おい、建築系の社長している川崎のスエ、販売系の戸塚のシン、広告系の東京のアキラ、マスコミ系の横浜のマサル、地元教員のT、医師のK、大手薬品メーカーの東京のM君。よろしく。横浜の事務系まろぼうさんもよろしく。

アクセス稼ぐために、営業にも行きますよ。リンクをどんどんお願いするかもしれませんので、その時は冷たくしないでいただきたい(笑)。

では、内容が雑駁になりましたのでもう1度整理します。

このブログは7月4日をもって終了すること(確定)。

その後、「置き手紙」として書きためた記事を一定期間(終わるまで)公開すること(予定)。

それまでは毎日、これまでと同様にブログを書きますね。

みなさんへのお願いとしては、このブログを紹介していただくこと。それから「あること」について、何か情報がありましたら取材させてください(ただし、噂などではなく実際に「されたこと(事実)」でお願いします)。長編記事のネタにします。「あること」については塾ブログ関係者にしかわからないことですので、それ以外の方たちは特に気になさらないで下さい。塾ブログ関係者で「あること」が何なのかを知りたいという方は、コメント(非公開にします)か私書箱メールでください。内容にお答えするかどうかは諸事勘案の上、こちらで判断させていただきますので悪しからずご了承下さい。

では、よろしくお願いします。(ブログ終了まであと93日)
ロカビリー * 人生のブルース * 23:05 * comments(18) * -

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 1:27 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 1:32 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 10:49 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 12:42 PM
情報提供くださる方は、必ず返信先を添えてください。お願いします。
Comment by ロカビリー @ 2010/04/03 12:44 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 2:16 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 3:08 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 5:26 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 6:32 PM
ありがとうございます。私書箱のメールは横のブックマーク「信じるままに」から入ってください。ただ、制限字数が少ないので、多くなるようでしたらこちらのコメントの方がいいと思います。
Comment by ロカビリー @ 2010/04/03 7:40 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 7:57 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 8:09 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/03 9:19 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/04 4:37 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/04 4:39 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/04 7:14 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/06 10:35 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2010/04/07 11:18 PM
コメントする









このページの先頭へ