<< 熟す | main | 今年の2月はいい >>

さらば相棒、よろしく相棒(国語編)

国語の基本。準拠はやらない。

これは以前勤め人塾講師だった頃、準拠を使っていた時期から準拠をやめてもまったく生徒たちの定期試験の結果に影響がなかった経験から来る。

であれば、準拠に使う時間や費用は絶対に入試問題中心の「読解用文章」に注いだほうがいい。

まあ、よくかんがえたら当たり前だ。

定期試験の国語は「暗記物」。勉強の材料の揃え方と勉強法を伝えてそれをしっかりこちらがチェックすれば、高得点は取れる。


というわけで、国語は小中どちらも準拠はやりたくない。俺が(笑)。

小学生は初年度2年度目はコア、しかしこれは簡単すぎて模試の難易度とあまりにかけ離れていたため今年度から変更。
今年度はウインパスにした。これはよかった。文章も設問もいいし、付属教材のドリルもいい。来年度もこれで行く予定だ。本当は俺が小学国語のテキストで最も好きな新小問発展編を採用したい。去年も採用しない理由を書いたが、1つは送料の問題。うちは小学生は本当に1人ずつポツポツとしか入ってこないので送料が高くついてしまい厳しいこと。もう1つは「ちから」の問題。今の小学生の語彙、言葉の意味理解能力の乏しさにはいつも驚かされる。「ケンちゃんに友達にそう言ったから」なんて記述をして「ねえ、この文よく読んで。どこかおかしくない?」と本人にたずねても気がつかない小学生なんてざらにいる。「読まない」のではなく、「読めない」「言葉の意味のイメージもできない」「最低限のセンテンス構成もできない」小学生が多い。そういう意味ではウインパスも相当ハードルの高いテキストだが、やはりこれぐらいの文章を読みこなす訓練をしておかないと、模試ももちろんだが、今後あらゆる学習分野に弊害が出そうな気がする。あ、ちなみに算数は開校からコア&力がつく計算ドリルが4年連続の当選。

中学生の国語。初年度はウインパス。ちょっと簡単すぎた。ベタな穴埋め、選択肢もちょっと、な感じだった。で、2年目は実力練成テキスト。これはよかった。ベタな穴埋めはなく、設問もなかなかしっかりしていた。今年度は実力完成問題集の文章と文学史等のコーナーに惹かれて中学生は全学年の採用とした。中1から河合隼雄、森本哲郎、外山滋比古の文章だ。本当なら週に2時間はとって授業をやりたいところだが、実際は週1回の45分。1回で1題やっと終えるぐらいで、なおかつ試験の2週間ぐらい前からは定期試験の対策のためこの国語の授業を中断するので、1年間ですべての文章を終えられない。でも、その内容はやっぱりダントツのテキストだ。相当こっちも説明を考えないといけないから、難しいけどね。

で、来年度の国語。まだ2つの案で迷っている。

(案1)引き続き実力完成問題集
(案2)テキストなしで漢字のテスト、ジャンル別の公立入試問題(時々文法説明)

(案2)の理由の1つは他の教科のテキストを増やしたことや、いくつかの教材会社がテキスト代を値上げすること。もう1つの理由はテキストを持たせる必要性だ。

わが県の公立高校入試の国語は全国的にも易しい。したがって、差がつかない。恐らく2番手高校ぐらいまでなら、満点が続出していることだろう。しかも、小学生同様に、語彙や文章を読み込めない中学生も多い昨今、実力完成のような上級テキストをガンガンやるよりは、毎回、公立の入試問題から「論説」「小説」「古文」の比較的平易な良文、良問をチョイスして進めたほうが却っていいのではないかと思ったのである。実力完成は問題BやCになるとやはりどの学年も相当厳しい。それでもやってきた中での「効果測定」をした場合、模試の偏差値が採用前に比べどうかと言えば・・・・?がつく。もちろんこれは俺がこのテキストで生徒に思ったほど力をつけられていないということがはっきりしている結果でもある。中1や中2の模試を見る限り、国語で取れていない生徒は相変わらず多いし、中3は模試の会社が違い易しくなるのでもっと満点がバンバン出ないといけないのに国語の塾内平均偏差値が57程度とはさびしい限り。

公立志望なら、1年から「漢字テスト」と、比較的解答の根拠が本文中に明確にある公立の問題をプリントで毎回やらせた方がいいのではないか。そんなことも考えている。

もしも、俺の塾から公立トップ校よりも高いレベルの私立を受ける生徒が毎年のように出る状態になればまた話は別だが。

ということで、小学生国語はウインパス&読む書く漢字ドリル。中学生は実力完成問題集か「なし(プリント)」か。

あのー・・。最後にこれをご覧の眼力高い塾の先生方へ。図々しいのは百も承知で、もしもこんなテキストをご存知であれば教えていただきたい。

それは設問種別に編集されているテキストだ。

たとえば、「指示語がさすもの」なら「そればっかり」「それだけ」のページが続く問題集。「語の言い換え」「内容一致」「気持ちの読み取り」「段落関係」が1問ずつ混ざっているようなこれまでの問題集ではなく、「そればっか」の問題。

言うなれば理科の実戦問題集の国語設問版みたいなやつ。

ないよなあ、やっぱり。

じゃあ、どなたか、つくっていただけませんか?売れる人にはバカ売れしますよきっと。自作?いやいや、ご勘弁。

少なくとも俺は1部1万円でも買いますよ。講師(俺)分のみだけど(笑)。
ロカビリー * 教務のブルース * 01:17 * comments(23) * -

コメント

あります。「進歩する国語」。
多少、無理のあるところもあるのですが、入試の国語問題を「解く」という点に力点が置かれたテキストで、とにかく切り口が斬新です。こういう方針で国語のテキストを作ったという点で賞賛に値します。特に本書の「相似表現」という考え方は他教科の問題を解く上でも役に立つスキルで、こういう形でのまとめ・解説は目から鱗です。
国語の問題を「解く」ことが苦手な生徒にはいいかもしれません。あくまで「入り口教材」です。(これはメイン教材としては使えないと思います。量的な面、ショートな文章が多い点、記述問題がいささか少ないという点で)

10年くらい前に買った物なので、あるかなあと検索したら、販売しているサイトがありました。(ちなみにこのサイトを運営されている方が、制作者で、塾の先生です)
http://www2.memenet.or.jp/~deai/text.htm

パターン化されたものであれば、
●明伸社「国語のアイテム24 苦手を克服するキーポイント“問い”の読み方」
●文英堂「7つの公式で入試国語が解ける」
なども良いかもしれません。後者は市販教材です。(上記2点は古い教材なのであるかどうか不明です)

最近のものですと
●入試必修STUDY「国語」などは公立レベルの総合問題集の体を保ちながら、そういう類型化も取り入れたテキストなので、ある程度先生がイメージされているものに近いかもしれません。
●好学の「国語 記述問題の完成」も同じような思想で作られていますが、こちらはショートな文章が多くて、授業には不向きかもしれません。

年間通して、これ一冊となると、やはり国語は難しい教科です。個人的には昔の育伸のシリウス「まとめと完成」が好きでした。

小学生用ではパルスも悪くないですよ。最初はショートで組まれていますが、ロングになってくる辺りから良さが光ってきます。
ウインパスの小学生版もよくできていますよね。小学生向けの国語教材では出色の出来ですよね。
Comment by mine @ 2009/01/28 2:17 AM
ロカビリーさん

毎回熟読です。
国語編はとくにロカビリー先生の強いこだわりを感じました。勉強になります。ありがとうございます。
ウインパス国語は私も今年はじめて(出たばかりでしたよね)使いましたが、すごく気に入りました。ウイニングAとあわせて主力です。

読むことと、書くことをリンクさせたいので、うちは苦手な子には、「日記」と「作文」の指導をしております。効果はなかなか出ません。


>言うなれば理科の実戦問題集の国語設問版みたいなやつ。

そういう本があればたしかに便利そうですね。でも、要約力が果たしてそのようなやりかたで向上するのかは疑問です。入試問題の良問を解くほうが読解力向上につながるようにも感じます。国語ほど、ノウハウの集約されていない科目はほかになかなかないですよね。世間には出口式や田村式の亜流や変流だらけのように感じております。

要約力という点では、育伸社さんのほーぷ国語も好きです。ただし、題材の文章が短くて簡単なものが多いのでロカビリーさんにはご満足いただけないかもしれません。
Comment by ヒカリ @ 2009/01/28 5:08 AM
福島市で塾開業3年目の前田と申します。

ロカビリー先生のキレのあるブログ、更新を楽しみに毎回拝読しております。

私自身は、関東の某大手塾で中学生中心に約10年間文系指導に携わってきました。独立後、自分の納得のいく教材を…ということでいろいろ探し、数多く見た教材の中でもっともよかったのが、論理エンジンです。

http://www.ronrienjin.co.jp/

私の主観になりますが、約2年の使用感を以下列挙します。

1.設問種別の問題構成がいい
 →ロカビリー先生が求める第一条件は満たしています。

2.スモールステップの構成がいい
 →『OS1』はかなりしつこいくらいのスモールステップ。中1でも学習できる。

3.扱っている文章がいい
 →これがきっかけで、中3で三島由紀夫の『潮騒』が流行(笑)

4.論説文の構成がわかるようになるのがいい
 →具体と抽象(一般)が、中2でわかるようになる

5.成績が上がるのがいい
 →今手元に成績資料がないので詳しく書けませんが、中2で、年初偏差値50程度→11月偏差値60超の生徒がいました。

ただ、やはり短所もあります。

1.教材費が高い…
 →この価格をうちの地域の保護者に言うと引かれること間違いなし。
 ただ、納得して払ってもらえるならいいと思います。
 (うちではこの教材に関しては赤字です)

2.『OS5』の後半は難易度高
 →うちではやらせてしまいましたが、途中入塾の生徒はあまり意味がなかったか…。

3.中3のこの時期は使えない
 →都道府県過去問をやらせてます。


メリットは、これ以外にも、
・理科の成績が伸びた?(これは不思議)
・小論文への移行がスムーズ(これは納得)
・記述形式は埋められるようになった(これも納得)

など、数多くあります。

本当は必修にして全員にやらせたいのですが、科目選択制がうちの塾のウリなのでそれができません。はがゆい…。

参考になれば幸いです。
Comment by 前田 功 @ 2009/01/28 9:16 AM
大阪にある明伸社の「国語のアイテム24」というテキストがあるのですが、
先生が仰っているような構成になっています。
読み方や解き方といった国語のテクニックを集めたもので、
塾向けの国語のテキストとしては珍しいものと思います。

ただ今年度の教材案内に本書が載っていなかったので、
もしかしたら廃盤になってしまったのかもしれませんが…。

Comment by ション副学長 @ 2009/01/28 1:20 PM
はじめまして。
小田原で塾をしている者です。

既出ですが論理エンジンがお勧めです。
しかし3冊セットの上巻だけで7000円くらいします(これも既出ですが)。

うちもロカビリー先生と同じ理由から、国語のテキストを論理エンジンにするかどうかを検討したのですが、あまりにも値段が高いのと、途中入会の子に対しての対処法に無理があるので挫折しました。
Comment by t.kishimoto @ 2009/01/28 5:21 PM
アイテム24は私も好きでしたがいまは廃版とお聞きしました。
Comment by ヒカリ @ 2009/01/28 10:37 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2009/01/28 11:25 PM
mine先生

すごいですね先生、メチャメチャ詳しいじゃないですか!

ちょっと驚きました。ありがとうございます。

1つずつ、教材屋さんに当たってみたり、本屋に行って探して見ます。







Comment by ロカビリー @ 2009/01/28 11:30 PM
ヒカリ先生

そうでしたね、ヒカリ先生は要約の指導をされていると以前ブログで読みました。先生の凄いところは、小学生に要約の指導をするイメージがスッと出てくるところですよね。

私も要約が文章読解にいいことは頭ではわかっているのですが、「小学生」に指導ということになるとなかなかイメージが浮かびません。題材、文字数等、そこからもう詰まってしまいます(笑)。やはりこの点に関しては私に「中学受験指導」の経験がないことも原因かもしれません。

「ほーぷ」、これ、実はちょっとだけ開校初年度に候補として考えた教材です。でもこれ、ボリュームが凄すぎて、1年では消化しきれないと思い断念しました。

うーん、でもやはり要約かあ。一考の価値はありますね、やはり。こちらこそ貴重なお話ありがとうございます。
Comment by ロカビリー @ 2009/01/28 11:45 PM
前田先生

はじめまして。ブログを読んでくださりありがとうございます。また、今回は貴重な情報をありがとうございます。

論理エンジンですね。名前はずっと知っていたのですが、なんとなく食指が動かず、実は中身も見たことがありませんでした。

あれは小学生からでも大丈夫なのですね?出口氏のものだったので、てっきり大学受験生対象のものだと思っていました。

ちょっとこれもまず自分用に買ってみようと思います。

とても参考になりました。

Comment by ロカビリー @ 2009/01/28 11:52 PM
ション副学長


ありがとうございます。

先生も文系のご指導が専門でしたね。

「アイテム24」は他の先生がた数名も挙げられています。

とかく、いい本や問題集って絶版になったりしますよね(笑)。


Comment by ロカビリー @ 2009/01/28 11:57 PM
t.kishimoto先生

論理エンジン、上巻3冊7000円ですか。

自分用に、上巻だけ買ってみましょうかね(笑)。

貴重なコメントありがとうございます。
Comment by ロカビリー @ 2009/01/29 12:01 AM
コメント非公開希望のゴンザレス(仮名)さん

教材の件、もしお願いすることがあればよろしくお願いします。


それと、結びに書かれていた件、まったく問題ないですよ。その時期になりましたら、ぜひご一報ください。

Comment by ロカビリー @ 2009/01/29 12:21 AM
ロカビリーさん

>そうでしたね、ヒカリ先生は要約の指導をされていると以前ブログで読みました。

ロカビリーさんは、本当によく昔の記事を覚えていらっしゃいますね。いつも驚きます。ロカビリーさんにリンクをはってくださいませんかと以前私からお願いした折に、はからずもお願いが通ってしまったので、それ以来、緊張しながら書いております。以来、誰にもリンクのお願いなどしないように心しております(笑)

>「ほーぷ」、これ、実はちょっとだけ開校初年度に候補として考えた教材です。でもこれ、ボリュームが凄すぎて、1年では消化しきれないと思い断念しました。

そうですね。本格派の読んで書かせる教材でボリューム満点です。ブック・ドリル・テストと分冊になっており、さらに漢字シートなんかもあります。どの学年のものでもいったん要領をつかむとおもしろいようにすらすらと書くようになるので、それを見てウインパスかウイニングAに移行しています。
ほーぷは書けないうちは音読・段落読み・要約をしています。題材がかんたんなものが多いのが残念です。

今日だけ、ロカビリーさんに個人的にアピールする意図でブログに画像(ほーぷ国語)を載せました。
子供から、「先生、なんで写真とるんですか?」といわれて、まさかロカビリーさんに見せるためだよ(笑)とも言えず、ごめんね、表紙だけねといって強引に撮ってしまったのでありました(鬱)。
ロカビリーさん、いつも長文になってしまいすみません。なるべくコメントは我慢いたしますがツボにはまってしまい、我慢がなかなかできません(笑)

いつも勉強になっております。皆様のコメントにあった本も個人的に取り揃えて勉強してみたいと思いました。皆様にもお礼がしたいところであります。
Comment by ヒカリ @ 2009/01/29 1:19 AM
はじめまして。

上記で、mine先生が紹介くださっている『進歩する国語』の筆者です。現在は、mine先生がリンクしてくださっているサイトは運営しておりません。

『進歩する国語』は、文字通り進歩して“国語長文読解オンライン・ゼミ「現文館」”として活動を行っております。
国語長文読解でお困りの際には、ご一報ください!
Comment by genbunkan @ 2009/01/29 3:56 PM
ヒカリ先生


要約は本気で考えてみます。

ところで、今日、中1の国語で句読点を文の中に打ち、この文章がいくつの文からできているかという問題をやらせたところ・・・・何と、文の数を数え間違える中1が2人ほどいてショックでした(笑)。ちなみに実力完成問題集の84ページです。
Comment by ロカビリー @ 2009/01/29 11:07 PM
genbunkan先生

ありがとうございます。

オンラインで塾をやられているんですね。すごい。

ということは、mine先生が挙げられている本(テキスト)は今は市販されていない可能性が高いですね。

近いうちにちょっとネットの方を覗いてみます。
Comment by ロカビリー @ 2009/01/29 11:25 PM
大変ご無沙汰しております。
ブログの更新停止状態の至誠通天です。

論理エンジンが話題にのぼっているので
1年間中学生に宿題として提出させ添削してきた経験から
感じたことだけお書きします。

・想像以上に、主語-述語や修飾-被修飾の関係の問題が
 できません。一文を正確に読めないから、まとまった
 文章の理解度が低いのだと確信しました。

・自学自習ができる教材ですが、説明の部分をしっかり読ん
 でから解かせないと、結局我流になります。一つ一つの問
 題の狙いを押さえさせないと効果が薄くなります。

・論理エンジンは一文の把握から積み上げていく教材です。
 テストにおける文章読解力を上げるには、同時並行的に
 一定時間内にまとまった文章を読み解く訓練をする必要が
 あると思います。OS1から積み上げていくと相当時間が
 かかります。

・論理エンジンOS1をする前に、市販の『日本語トレーニ ング』シリーズ(小学館)をお勧めします。

・語彙不足が国語力不足の根本にあります。文章を読み始め る段階で意味が分からず適当に答えを「埋める」というこ
 とになってしまっている気がします。

・国語は教える方も教えられる方も根気が要ります。教師が ヒントを出しても意味がないし、生徒自ら考え、探し、書 くということに取り組んでくれないと力になりません。

すいません。長くなりました。
Comment by shiseitsuten @ 2009/02/19 6:17 PM
shiseitsuten先生

本当にお久しぶりですね(笑)。

まだ手に入れていないんですが・・・なるほど、そうなんですね。

「語彙不足」の問題は私も普段から痛感しています。こちらの想像以上に、同じ学年内でも差がありすぎますよね。国語に関しては、学年や年齢という枠を外して考えないとうまく指導が機能しないのかもしれないですね。

でも、すごく参考になりました。「日本語トレーニング」も頭に入れておきます。ありがとうございます。
Comment by ロカビリー @ 2009/02/20 2:11 AM
ブログサーフィンは毎日欠かさないのにブログ更新はすぐサボる至誠通天です。

同じ福岡ですし、毎日ブログで勉強させてもらいっぱなしですので、論理エンジン一式を差し上げたいと思います。遠慮なく受け取ってください。

一度じっくり見てみて損はしない教材だと断言できます。先生はより上手に使われると思います。メールアドレスをつけております。郵送先を教えていただけるならば是非返信ください。お待ちしております。

Comment by shiseitsuten @ 2009/02/20 4:58 PM
shiseitsuten先生

マ、マジですか?いただけるんですか?

ありがとうございます。後ほどメールさせていただきます!

Comment by ロカビリー @ 2009/02/20 11:50 PM
こんばんは。評価の高い「論理エンジン」。実物を手にされたロカビリー先生の感想はいかがですか?春からの導入を迷っています。まずは一部購入してみようかとも思っていますが、はたして私でも指導できるものなのか…???ぜひご感想をお聞かせください。
今日の集中力が秋から、いや、せめて年明けからでも出ていたら…私の力不足を痛感した一年でした。
春からは、カリキュラム・展開含めて全面的に見直さねば。ロカビリー先生のもとに弟子入りできるものなら、お願いしたいものです。

Comment by てんてん @ 2009/03/04 12:22 AM
てんてん先生


いよいよ大詰めです。

ここまで来たらもう勢いを止めずに駆け抜ける、ですね!
Comment by ロカビリー @ 2009/03/04 4:07 PM
コメントする









このページの先頭へ